兵庫県議会ロゴ
サイト内検索
>> ホーム >> 選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について
選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について

4 特例法制定の要請活動の経過

キャラクター

 県及び3市議会においては、平成28年6月6日、高市総務大臣に特例法制定を要望し、その後も国会に対して、地元関係者が一丸となって要請活動を行ってまいりました。

arrow 資料:選挙期日と議員等の任期にかかる特例法制定に関する要望書(平成28年6月)(pdf) PDF

 国会においては、我々の要望を真摯に取り上げ、法案をご検討いただき、平成28年12月12日「平成31年6月1日から同月10日までの間に任期が満了することとなる地方公共団体の議会の議員及び長の任期満了による選挙により選出される議会の議員及び長の任期の特例に関する法律案」が第192回臨時国会に提出されました。

 同法案は、第192回臨時国会では、継続審査となったことから、県及び3市議会では、平成29年2月から3月にかけて平成29年第193回通常国会における法案の早期制定を各党の国会議員に要望しました。

arrow 資料:選挙期日と議員等の任期にかかる特例法の早期制定に関する要望書(平成29年2月)(pdf) PDF

 この結果、第193回通常国会において、委員長提案により法案が改めて提出され、平成29年5月12日可決成立し、同年5月19日に公布、施行されました。


高市総務大臣への特例法制定の要望

29年度国の予算編成等に対する提案説明会(H28.8.2)で兵庫県選出国会議員へ要請